22歳 1983 

作詞・作曲 ゆきたんく

 この曲は自分にとって22番目のオリジナル曲です。
 この曲はひょんなことで誕生しました。
 大学4年の時に女友達の誕生日にお呼ばれしたのです。
 みんないろいろなプレゼントを持って集まりました。
 私は金なし人間(人間いろいろな事情があるものです)でしたので何もプレゼントができません。

「どうしよう・・・。」

 その時に私の目に入ったのが、部屋の片隅に立てかけてあってクラッシックギターでした。

「そうだ歌をプレゼントしよう。」

 今にして思えばなんて恥じ知らずなことを考えたのでしょう。私は部屋の中をキョロキョロしながら取材を始めました。

「おぉ、S&Gが好きなんだ。アート・ガーファンクルのことが好きなんだな。」
「カセットテープがたくさんある。みんなアーティのじゃないか。」
「22歳だから、卒業だよね。」
「あぁ、かわいいコーヒーカップじゃんか。」

「ちょっとギターかしてくれる?」
「Tちゃんの部屋かしてね。」

てなことをやりながらなんと10分で作詞・作曲したのが「22歳」です。
生意気にも同い年の女性にプレゼントする歌ではないですよね。
本当、青かったあの頃・・・・。

歌もギターも稚拙ですが、よかったらお聴き下さいね。
                                                                                                                                                     ゆきたんく
 
         mp3 2.5MB   ram  1.8MB  wma859KB

   1 寒い朝
アーティーの声が聞きたくて
寝ぼけまなこの君は
カセットに手を伸ばす
窓には露が淡いカーテンのように
朝の光を 和らげている
     透き通った声に 微笑む君は
     素直な心のままで 歩いてほしい
   2 寒い夜
アーティの歌を聞きながら
コーヒーカップを
掌で包み
メルヘンティックなカップの模様の様に
優しさが部屋を 満たしているんだ
     みんなの声に微笑む君は
     新しい希望に向かって 歩いてゆくんだ
 もう君は22歳