走る際の足の回転をスムーズにするトレーニング方は様々あるが、ミニハードルの活用も大いに勧めたい。
 身体の近くに障害物があることで言葉による指示を減らすことができる。よって指導がスムーズに通る。なによりも自ら行うことで体感できることが大きい。
 脚の滑らかな回転を図る場合、膝を前に出すスピードで膝から下を滑らかに引き出し下方向の接地準備を早めることが大切である。上の連続写真にあるように足首が大臀筋下から前方に引き出されるまでの間、股関節と膝を結んだ線はほぼ一定である。
 それ共に重心が前方に移動していることがスピードを生む条件である。左のスライドを見ていただければその様子が分かりやすいと思う。
 このトレーニングの動画                


スライドショーです。ボタンを押してね。(2スキップハイニーです。)